自動売買の設定1

PCの自動起動

PCに自動で電源が入るように、BIOSで設定(出来ないBIOSもある)。
窓の手で、Windowsに自動ログオンさせる。

窓の手

Windowsの設定

Windowsは次のように設定しておく。

  • 電源の設定で、休止/スタンバイを無効
  • Windows 自動更新を無効

PCの時計を正確にする

PCの時計を正確にする必要があります。

  • ツールを使って正確にする
  • レジストリで変更する

などの方法があります。

時計・時間関係ツール

IP確認のアプリ起動終了

【遠隔操作用】
タスクからIPアシストを起動し、2分後終了させる。

タスクでの設定

PCのIPアドレスが変更になった場合に、メールで知らせる。
IPアドレスは、PCの遠隔操作のために必要な情報。

IPアシスト

UltraVNC Server起動

【遠隔操作用】
外からPCを遠隔操作(リモートコントロール)するために、タスクあるいはスタートアップからVNC Serverを起動する。(Windowsのサービスとして起動する方法もあります。)

UltraVNC

UWSC起動

タスクあるいはスタートアップからUWSCを起動する。

UWSCでエラー発生を監視

設定方法は、UWSCでエラー発生を監視を参照。

UWSCで次の処理を順に行う。

  1. Internet Explorer、Excel VBA、.NETのアプリで発生するエラーダイアログを監視。
  2. 処理を回復続行させる。
  3. エラーが発生したことを知らせるメール送信を行う。

想定されるエラーは可能な限りExcel VBA、.NETのアプリで処理するようにしているが、想定外のエラーに備える。また、Internet Explorerで「以前送信した情報を再送信する必要があります」のウインドウが表示された場合は、Excel VBAでは処理せずUWSCで処理を行うようにしている。

各アプリを終了

UWSCでプロセスを終了させるの方法を利用する。

あるいは、TaskCleanを利用して、実行中のタスクをUWSCから終了させる。ただし、タスクトレイのアイコンは自動では消えない。

//楽天RSS、RSS.exeを終了する。
EXEC("C:\Program Files\tskcln\TaskClean.exe -pc RSS.exe")

//UltraVNC Serverを終了する。
EXEC("C:\Program Files\tskcln\TaskClean.exe -pc winvnc.exe")

DAD's Development room

メール送信

UWSC、Excel VBA、.NETのプログラムでメールを送信するのに、BASP21をインストールして利用する方法と、Windows標準のCDOを利用する方法がある。BASP21の方が、受信もできるので応用が利く。

UWSCでメール送信

BASP21 DLL
VBA応用(CDOでメール送信)

履歴

2011-10-07
追記。
2011-08-22
古い情報を削除。整理。
2010-01-09
変更。
2007-08-19
記事追加
2007-08-18
記事追加
2007-08-17
掲載