Excel VBAでの利用

Excel VBAでの設定

20120601fig2.png

参照設定から、
M.trading : Automated Trading
を追加して下さい。

参照可能なライブラリファイルの選択欄から直接選択出来ます。

20120716fig3.png

Excel VBAでの命令の例2

ワークシートのセルの値を利用して、注文する例です。

20120601fig4.png

最初のワークシートのセルに、上記のように数値があるとします。

Sub test1()

    ' 銘柄コード
    Dim code As String
    code = ThisWorkbook.Worksheets(1).Range("A1").Value

    ' 注文数
    Dim quantity As Integer
    quantity = ThisWorkbook.Worksheets(1).Range("A2").Value

    ' 指値の価格
    Dim limitPrice As Double
    limitPrice = ThisWorkbook.Worksheets(1).Range("A3").Value

    Dim trade As New Mtrading_Automated.Trading
    Call trade.order("楽天", "LongEntry", code, quantity, limitPrice, "現物", 
                     "指値", "本日中", "通常")

End Sub

Excel VBAでの命令の例 FX

USDJPYを成行でBuy

Call trade.OrderFX("FXトレードF","LongEntry","USDJPY","10000","","2","","成行","","通常")