Test Trading

Test Trading

20120717fig1.png

売買命令のTraget,Actionなどの引数を選択して、実行できます。

プリセット
引数設定の例を選択できます。
実行
Internet Explorerを起動して、売買を実行します。
実際に売買されますので、注意して下さい。
作成
Order("楽天","LongEntry","225FUMini",10,10000,"先物","指値","寄付","通常")
のように、引数を設定したメソッドを作成します。

Conditionのうち、IOCは現時点では利用していません。

可能な注文の詳細

$Action
LongEntry 買い(新規買い)
ShortEntry 売り(新規売り)。売買対象が現物の場合、売りは出来ません。
LongExit 買いを返済
ShortExit 売りを返済。売買対象が現物の場合、売り返済は出来ません。
Login ログイン
$Code
現物・信用の場合は4桁のCode。
先物の場合は、225FU, 225FUMini
$Quantity
株数。数値で指定します。
$LimitPrice
指値。数値で指定します。
$OrderTarget
売買対象を指定。現物, 信用, 先物 のいずれか。
$OrderType
成行, 指値 を指定
$Condition
執行条件。現物・信用の場合は、本日中,今週中,寄付,引け,不成のいずれか。
先物の場合は、FAS, FAK, FOK
$ConditionalOrder
通常, 逆指値付通常, 逆指値 のいずれか。 逆指値付通常, 逆指値用のスクリプトは作成してありません。

$Action, $Code, $Quantity, $LimitPrice, $OrderTarget, $OrderType, $Condition, $ConditionalOrder
は、PowerShell用スクリプト rakuten.ps1で使用する変数です。
Tragetは、rakuten.ps1内では使用されません。

可能な注文の詳細:FX

$Action
LongEntry Buy(新規買い)
ShortEntry Sell(新規売り)。
$Code
USDJPY, EURUSD, EURJPYなど。
$Quantity
数量
$LimitPrice
指値。数値で指定します。
$Append
トレーダーレンジか、レート差の数値を指定。
$OrderType
成行, 指値, 逆指値 を指定
$ConditionalOrder
通常, IFD のいずれか。
$OtherArgs[0]
省略可のオプションの引数。IFD設定を行う場合、逆指値
$OtherArgs[1]
省略可のオプションの引数。IFD設定を行う場合、トレールストップ
$OtherArgs[2]
省略可のオプションの引数。IFD設定を行う場合、指値

PowerShell用スクリプト fxtradef.ps1で使用する変数です。
Tragetは、fxtradef.ps1内では使用されません。