ソフト比較

  M.trading 自動売買
M.trading 自動売買
M.trading Order
M.trading Order
Automated Trading
Automated Trading
機能 分足を生成後、シグナルを読み取り、専用のスクリプトかAutomated Tradingを利用して自動売買を行う。 M.trading 自動売買 の機能の内、自動売買部分を利用できるようにしたもの。
命令を受けて、Internet Explorer を操作して自動売買を行う。
命令を受けて、Internet Explorer かアプリケーションを操作して自動売買を行う。
スクリプト 専用のスクリプト
PowerShell
専用のスクリプト(ただし、一部のスクリプト命令は使用不可) PowerShell
スクリプトの拡張性 右2つと同じ。 無し Windowsアプリケーションで出来ることはほぼ可能。
スクリプトの文法 右2つと同じ。 簡素 C#やVBに較べれば、はるかに習得は容易だが、複雑なことを行うには、.NET Frameworkの知識が必要。
自動売買の実行・設定方法 ・CSVファイルで設定(専用のスクリプト)
・ワークシート上に、自動売買命令を算出(Automated Trading)
CSVファイルで設定 ・Excelでシグナルを算出し、VBAで自動売買用の命令を実行。
あるいは、
・Windowsアプリケーションから実行。
Excel VBAからの利用 不可 可能 可能
C#やVBからの利用 不可 可能 可能
Excel 必須 Excel自体は必須では無いが、Excel VBAなどのプログラム実行環境を前提にしている。 Excel自体は必須では無いが、Excel VBAなどのプログラム実行環境を前提にしている。
Excelとの連携 スクリプト実行中にワークシート上のデータの読取・書込が可能(専用のスクリプト)。 不可 デフォルトでは、スクリプト実行中に、ワークシートに対する処理は不可。
独自にスクリプトを追加し、Excelに対する処理を行うことは可能だが、ある程度のExcelに対する知識が必要。
操作対象 Internet Explorer
アプリケーション
Internet Explorer Internet Explorer
アプリケーション
分足生成 可能 不可 不可
デフォルトで対応している証券会社 右2つと同じ。 楽天証券(株・225先物)
クリック証券(株・225先物)
インヴァスト証券(くりっく365)
楽天証券(株・225先物)
FXトレードファイナンシャル(高速FX:Buy,Sellのみ。Closeは未対応。)
想定されるケース 一からシステムを作成し、自動売買を行いたい場合 既にExcelでオリジナルのシステムを作成していて、それを利用して自動売買を行いたい場合 既にExcelでオリジナルのシステムを作成していて、それを利用して自動売買を行いたい場合